top of page

めっちゃおもろいブログ [AVENGERS展編]

更新日:2022年12月8日

[蝉たちも 酷暑に耐えれず 虫の息]


僭越ながら脇浜ゼミを代表して今年の夏を表す一句を詠ませていただきました。脇浜ゼミ3期生の遠藤です。

こんな始まり方で良いんですか?ブログって。2回目なんですけどいまいちよく分からないんですよね。多分書き方の正解なんてものはないと思うんですけど...少々おじいちゃんくさい始め方になってしまった気がするので次は若者っぽくして帳尻合わせます。


いやマジ今年の夏暑すぎぴえん🥺セミちゃんも元気ないんだけど〜どんだけ〜☝️ってかぁこんだけ暑いとぉウチも溶けちゃぁう🫠クーラー(ピッ)❄️🌬寒過ぎぃ〜🥶お布団お布団🛏極楽〜😇😇👍


はい、こんなもんでしょう。帳尻合いました。




前置きはこれぐらいにして、本題です。

皆ここまでブログに夏の思い出を書き綴っているので僕も例のごとく夏の思い出を書こうと思います。

時は遡り8月23日火曜日、僕は京都市京セラ美術館に足を運びました。といっても目的は美術品の鑑賞ではなく、あるイベントの為です。そのイベントとは



「AVENGERS展〜〜(大山のぶ代ボイス)」


はい、そうです、僕はMCU(アイアンマンとか)の軽度オタクです。重度ではありません軽度です。映画とドラマを全部追って、家にグッズが10個程度あるくらいの軽度オタクです。


7月から楽しみにしていたこのイベント。なんやかんや忙しくてもう少しで終了ってところでギリギリ行くことが出来ました。

行く前日にどんな感じなのかレビューを見たんですけど「MCUファンにはたまらないとても楽しい空間でした。ただ、体験型展示などがあり"一人"で行くと100%楽しむのは難しいかもしれないです」「とてもよかったですが"一人"だとしんどいかも...」ほうほうなるほど、一人ではしんどいというレビューがちらほら。よし!じゃあ友達誘って100%楽しんでやるぜ!!



      _人人人人人人_

       >ぼっち!<

       ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄


いよぅし!ぼっちだぜぇぇええ!

レビューなんかクソ喰らえ!俺は一人で楽しんでやる!!!




この顔である。

およそ楽しんでいるとは思えないこの顔。これで100%楽しんでいると本人は語っているのである。


実際、体験中はとても楽しく、写真を撮ってもらうように頼んでも快く引き受けてくれる人ばかりで、すごく充実した時間を過ごせていたのであるが、家に帰り写真を見るとこの顔である。




あ!笑ってる!ちょっと笑ってる!!

流石にこのバイクに跨ると興奮が抑えきれず顔に出てしまったみたいだ!

くぅ〜それにしてもカッコいいバイクだ。これは笑みがこぼれても仕方がない。


興奮冷めやらぬまま奥に進んでくいくと



これはすごい!これはすごいぞ!どこを見てもアイアンマンのスーツばかりだ!ここはアイアンマンのゾーンだな。

お?あれはなんだ?体験型ブースか?ちょっと行ってみるか!



     _人 人 人 人 人 人_

    >正気の沙汰ではない!<

      ̄Y ^ Y ^ Y ^ Y ^ Y ̄


一人でこれは流石に正気の沙汰ではない。クレイジーだ。周りの人からの視線を確かに感じる。やめてくれ!僕はアイアンマンになりたかったわけではない!ただ列に並んでいたらアイアンマンになっちゃっただけなんだ!


このスーツを着た後、画面に向かって腕を前後に動かすことでレーザーを発射し、敵を倒すゲームが始まるのだが、恥ずかし過ぎて手を激しく前後にすることができない。まるでか弱い女子と手押し相撲をする男子中学生のようだ。無論これではレーザーが打てない。気づけば僕の画面は敵で溢れかえっていた。一方隣のちびっ子は無慈悲に敵をレーザーで薙ぎ払う。純粋とはなんと恐ろしいものか。そのまま僕の画面の敵も薙ぎ払ってくれ...と思っている内に体験終了。助かった。。。




とまあ、1番の山場を乗り越え、こんな感じで残りの展示も一人で楽しみ


 





大満喫の1日を過ごすことができました!


流石にちょっと恥ずかしいこともありましたけど、どうせその場にいる人達は二度と会うこともない人やし何も気にすることはない!1人○○をするにあたって大事なことは100%楽しむことだ!と学ぶことができたのはいい収穫でした。


皆も1人○○をするときは周りの目を気にせず100%自分が楽しむことにフォーカスしましょう!


以上3期生の遠藤による夏の思い出ブログでした!


P.S.なんかやってほしい1人○○あったら言ってください。全てやります。





閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page