top of page

送る日、送る火


皆さん、初めまして。

本日のブログは2期生の高橋が担当させていただきます。

最近本当に暑いですね。熱中症やその他体調不良にお気を付けください。

ところで、今日は何の日かご存じですか?まあ、タイトルを見れば大体わかりますよね(笑)

そう、今日はお盆の最終日。お盆で帰ってきていたご先祖様の霊があの世に帰る日。

京都では「五山送り火」の日です。写真は実際の今年の送り火の様子です。

本来なら「大」という文字なのですが、今年はコロナウイルスの影響で規模が縮小され、はっきりと判別できるような形ではありませんでした。残念ですが、大事な伝統ですから中止にならなかっただけよかったです。それに、こんな状況だからこそより一層気持ちがこもった点火になったように思います。

ちなみに、お盆の風習は地域によってさまざまで、京都では大規模な送り火をしますが、個人宅の玄関先や庭で行う送り火もあるそうですね。最近知ったのですが、ご先祖様を迎える「迎え火」というものもあるそうです。私の家で迎え火の習慣はないのですが、確かに送り火があるなら迎え火があるのもおかしくないな…と1つ勉強になりました。

20年以上京都に住んでいて毎年五山の送り火を見ていたのに、迎え火を知らなかったなんて自分で少しおかしかったです(笑)

とまあ、お家や宗派で色々なお盆の過ごし方があります。送り火・迎え火だけでなく、精霊馬を作るところもあります。皆さんのお家のお盆がどのようなものなのか聞いてみたくなりました。

この機会に、家族とお盆について話してみるのもいいかもしれませんね。

全く関係ありませんが、今ペルセウス座流星群が見られます。よかったら調べてみてください(笑)

それではよい夏を。

高橋

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page